家族の携帯を格安SIMに。今度はマイネオにチャレンジです。今審査が終わって発送準備中です。

昨日はiPhoneの閉め出し事件を解決して次に格安SIM をどこで新規契約するかの決定して契約をするタスクがありました。

iPhone閉め出し事件はこちら

appleさんとのセッションを終えてマイネオのお問い合わせに電話をしました。私は昨年ドコモからLINE MOBILEへ端末を持ち込んで乗り換えました。ちょうど2年縛りの解けるいいタイミングでのお引越しでした。

格安SIMの関連記事はこちらです。

格安SIMの恩恵

4人で24000円程度から13000円程度になりました。一人高校指定のiPhoneがauでしたので6000近くかかったいたのでもし全員格安SIMならもっと安くなるはずです。

その最後のauをどこの格安SIMにしようかと検討していました。

マイネオに問い合わせ

マイネオが6カ月月額基本料から900円キャッシュバックというのが一月十八日までキャンペーンなのでマイネオにしようとほぼ決めていました。

30分ほど確認した事柄は以下のとうりです。

iPhone6 plusを持ち込み端末にするがどのSIMをつければいいのか
端末保証プランに入れるかどうか。
キャリアがドコモの端末だけれどauブランとdocomoプランのどちらでも使える。
au, docomoプランの違い、山間部などはドコモの方が強いが通話できるプランの月額が70円高い。
LINE MOBILEではSNSのパケットが実質無料だけれどマイネオはどうか。
一般通話の半額でマイネオ電話がある。(確か20秒10円くらい)
マイネオは解約料金は無料と聞きますがそれについて詳しく知りたい。
月単位でバケットや通話プランなどの変更は可能かどうか。

結局こうしました。

結局発売して3年を超えるiPhone6 plusは携帯端末保証の対象外でした。ドコモプランで3ギガのデュアルプラン(通話と通信)でマイネオ電話を契約しました。

違約金のこと

きになる解約手数料の話は電話番号が変わってもいい解約なら違約金が不要ですが電話番号を移行させての解約は違約金必要とのことでした。

番号が変わっても構わない人ならばかなりお得です。こんなプランでネット申し込みしたのが24時間前です。審査が終わって発送準備にかかったいると進捗もはっきりわかってわかりやすいです。

二つの格安SIMを比較していこうと思います

これでLINE MOBILEとマイネオの2社のSIMの契約となります。比較して気がついたことあればまた書こうと思います。

この記事を書いた人

hiroety

hiroety

ブログ運営者のhiroetyと申します。
2015年4月にこのブログを開始開始しました。2017年5月3日をもって300記事を書くことができました。
2007年勝間和代さんの年収10倍アップ勉強法を読んで自分専用のパソコンを持つことを意識する。
2011年初めて自分専用のパソコンを購入。同じ年にアメブロを開始。
2014年MacBook Airを購入
2015年ものくろさんに出会いWordPressを開始。
同じ頃、日本メンタルヘルス協会にて心理学の勉強を開始。
2016年12月日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー資格を取得。
2017年3月MacBook Proを購入

税理士事務所パート勤務、ブログを書いていく中で自分自身の大切にしたいことが食を通じての心身ともに健康であることに気がつきました。

日商簿記2級
税理士試験財務諸表論合格
建設業経理士1級
ビジネス会計検定3級
FP3級
選択理論基礎プラクティカム終了
日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー