リュッシャー色彩心理診断士試験合格しました。どう活用するか考えてみました。

年初のプログで書いたリュッシャーの色彩心理診断士検定試験機昨日合格通知書届きました。年末の週末3週3日間の講座を受けて本当は1月末に受験する予定でした。
お正月休みに時間をとって早めに受験した方が有利なので1月9日必着で試験を提出しました。
無事合格でき有効活用したいです。3週間早くスタートです。

試験準備で感じたこと

講座がインプットで試験準備がアウトプットのための頭のなかの整理だったということです。
リュッシャー色彩試験のモニターになってくれた人(家族)の結果を読み解いたりするうちこのカラー診断の信頼性が増しました。その時その時のこころの体温計であると言われているのがうなづけ家族を理解するのに役立ちました。

どのように使うのか

興味がある人に受けてもらい思いもしないこころの中のことがわかった場合カードを引いてもらったり(オラクルカードと呼ばれるもの)希望されるならカウンセリングを受けてもらったりします。
数あるカードのなかで私が買ったのはこちらです。余談ですが一昨日答えが欲しいことを考えながら引いたらあまりに的確な答えが出てきて一人で驚いていました。自分で決定しないと行けない事柄があるとき参考になります。中学時代休み時間夢中でタロットカードをしたのを思い出します。

大切なのは

読み解いた内容の解釈の仕方、伝え方と思います。実践あるのみ。そのために心理学を学んでこころの仕組みを学んでいると思います。

お読みくださりありがとうございました。

この記事を書いた人

hiroety

hiroety

ブログ運営者のhiroetyと申します。
2015年4月にこのブログを開始開始しました。2017年5月3日をもって300記事を書くことができました。
2007年勝間和代さんの年収10倍アップ勉強法を読んで自分専用のパソコンを持つことを意識する。
2011年初めて自分専用のパソコンを購入。同じ年にアメブロを開始。
2014年MacBook Airを購入
2015年ものくろさんに出会いWordPressを開始。
同じ頃、日本メンタルヘルス協会にて心理学の勉強を開始。
2016年12月日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー資格を取得。
2017年3月MacBook Proを購入

税理士事務所パート勤務、ブログを書いていく中で自分自身の大切にしたいことが食を通じての心身ともに健康であることに気がつきました。

日商簿記2級
税理士試験財務諸表論合格
建設業経理士1級
ビジネス会計検定3級
FP3級
選択理論基礎プラクティカム終了
日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー