大学側の神対応。テスト期間中なのに体調不良になった娘。丁寧な対応に感謝。

日差しは春のようなのですが外は寒波が来ているようです。先週土曜日、大学入試センター試験でした。私の住む沿線では私立大学がいくつかあるので2月になると試験の時期なんだと一気に自分の試験の当時のことを思い出しタイムスリップします。

懐かしいなあと思います。みんな普段の実力を発揮できるといいなと思います。

テスト期間

さて大学一年の娘、朝すでに37.2度ありながらも1限、3限と定期試験なのでなんとか力をふりしぼってでていっていました。念の為体温計をもたせました。

体調不良

10時少し前1限目の試験途中で退出して電話をかけてきました。「病院に行こうかなと思う」というのでアドバイスしました。インフルは発熱して24時間経過しないと判明できないから受診はもう少しまつように言いました。15時からの3限目のテストまで図書館で休むといっていました。

途中「医務室にいくように」とLINEメッセージしました。小一時間くらいしてLINEに返事が来ました。部活の部室で寝ていること、38度近くなってきたこと、関節が痛くて動けないことなど連絡がありました。大学に電話して相談するからと娘に伝えました。

学部事務室に問い合わせると

  • 今本人がどこにいるか、居場所の確認。
  • 必要なら看護師さんに部室にいってもらい付き添いをしてもらうこと。
  • 大学内にお医者さんが常駐していること。

学生が一万人近くいるのですから流石の対応でした。親の私は娘の電話番号を伝えてお任せしました。

1時間前に本人からのLINE連絡では

  • 病院に付き添ってもらったこと。
  • 急性咽頭炎だったこと。
  • 1週間分のお薬が出たこと。
  • 1週間大学お休みが出たこと
  • タクシーチケットをもらったこと。

広い学内を探しにいってくれて病院連れて行ってくれて付き添ってくれてと本当にありがたいことです。地方から来ている子などは親御さんも安心です。

帰宅しましたが、かなり体調悪そうです。早めにお薬をいただけたので早く回復すると思います。

無事に自宅に帰ってきたことを学部事務室にお礼と一緒に連絡をしました。今はひたすら寝ています。

こうした、受けた恩を忘れないで、自分も社会に還元出来る人になってほしいなと思いました。

この記事を書いた人

hiroety

hiroety

ブログ運営者のhiroetyと申します。
2015年4月にこのブログを開始開始しました。2017年5月3日をもって300記事を書くことができました。
2007年勝間和代さんの年収10倍アップ勉強法を読んで自分専用のパソコンを持つことを意識する。
2011年初めて自分専用のパソコンを購入。同じ年にアメブロを開始。
2014年MacBook Airを購入
2015年ものくろさんに出会いWordPressを開始。
同じ頃、日本メンタルヘルス協会にて心理学の勉強を開始。
2016年12月日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー資格を取得。
2017年3月MacBook Proを購入

税理士事務所パート勤務、ブログを書いていく中で自分自身の大切にしたいことが食を通じての心身ともに健康であることに気がつきました。

日商簿記2級
税理士試験財務諸表論合格
建設業経理士1級
ビジネス会計検定3級
FP3級
選択理論基礎プラクティカム終了
日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー