恩を送って行くという考え。その場で恩を返せなくて大丈夫。返せる時で OK.

最近、妊婦さんで「職場の方が気を使ってくださってありがたいのだけれども気をつかう。申し訳ない。」と話してくれた女性がいました。女性は初めての妊娠で20代前半と若いので、気をつかっていただくことが嬉しいというより戸惑っているようでした。
この気持ち私も覚えがあります。

プレママの気持ち

送ったお祝いの品へのお礼の電話でした。私もすっかり忘れていた、初めての妊娠のときの気持ちを思い出しました。
職場で役にたちたいのに気を使わせてしまっていることへの気がねでした。

こう考えたら?と伝えたのは「職場の人たちもこれまで支えてもらってこうしているのだから、あなたも色々経験して支えることができるようになったらその時に支えていけばいいのでは?」ということでした。少し気が楽になってくれたかなあ。
初めての妊娠で色々と不安なことも多いでしょうから周囲の好意に甘えて元気な赤ちゃんを産んでほしいです。

私にできること

子育て支援の「傾聴サポート」も登録してボランティア活動始めましたが、ふだんの生活でも子育てご恩返しの意味でも街で妊婦さんや子どもを見かけたらさりげなくサポートしたいなと思います。
お読みくださりありがとうございます。

この記事を書いた人

hiroety

hiroety

ブログ運営者のhiroetyと申します。
2015年4月にこのブログを開始開始しました。2017年5月3日をもって300記事を書くことができました。
2007年勝間和代さんの年収10倍アップ勉強法を読んで自分専用のパソコンを持つことを意識する。
2011年初めて自分専用のパソコンを購入。同じ年にアメブロを開始。
2014年MacBook Airを購入
2015年ものくろさんに出会いWordPressを開始。
同じ頃、日本メンタルヘルス協会にて心理学の勉強を開始。
2016年12月日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー資格を取得。
2017年3月MacBook Proを購入

税理士事務所パート勤務、ブログを書いていく中で自分自身の大切にしたいことが食を通じての心身ともに健康であることに気がつきました。

日商簿記2級
税理士試験財務諸表論合格
建設業経理士1級
ビジネス会計検定3級
FP3級
選択理論基礎プラクティカム終了
日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー