勝間塾月例会5月「人生が豊かになるお金の使い方」視聴しての学び。

勝間塾5月月例会視聴しての気づき。

「人生が豊かになるお金の使い方」というテーマでした。

闇雲に節約するのでなくブランド物を買うのでもなくという話でした。これだと当たり前すぎる話なのでなるほどと思ったことを書きます。

買ったものの因果関係を知る。

 
今手に取っているもののこれまでの流れとこれからの流れを知るということでした。これはどのような原価で作られてきたものでどのような人に収益をもたらすのか。悪い人の考えを助長するものにお金を使わない。そして自分にどのような効用をもたらすのかそこまで考えて欲しいというお話でした。

思考と因果関係

思考というのは因果関係を後ろと前に進める力である。因果関係がわからない人はリスクが取れない。なぜなら取った後にどうなるのか想像がつかないからだそうです。

自分の買うという行為が悪い人の考えを助長しないかということを考えたことがなかったです。普段の生活で買うものと言ったら特別なものを買っているわけでないのですが消費者は不買運動という方法で意思表示をすることもできるのですよね。究極の買い物といえば政治家を選ぶこともそうなのです。普段から関心を持っていないと何を自分の判断基準にするのかということも曖昧になってしまうといえます。

自分の軸をしっかりさせる

話がそれてしまいましたが今月のテキストを読み進めると「自分の軸に立ち返れ!」とありました。
自分で思考して自分の軸でということがお金だけでなく全てに通じることと改めて考えました。

テキストにない生の話できけてよかった内容

  • 啓発書は一冊で良い。どれも基本的には同じ。「7つの習慣」「金持ち父さん貧乏父さん」
  • セミナーの受け方 月に一つで良い。行き帰りの時間がかかるのでほんで良い。本でよかったなと思う人のセミナーを聞きに行くというのも一つの方法。
  • 少なくとも月に一度は使ったお金について振り返る。家計簿をつける人は振り返るという習慣を持っているという意味でお金の使い方に意識が行っている。

テキストで印象的だった内容

  • 節約に意思コストをかけすぎない。
  • 複利のパワー。今使うお金が将来どんな価値を生み出すのか。
  • 晴れの日とケの日を作らない。ストレス解消が必要となるほど無理をしない。普段の自分のマネジメントも大切であるということです。

読んでくださってありがとうございます。

完訳 7つの習慣 人格主義の回復
スティーブン・R・コヴィー
キングベアー出版
売り上げランキング: 556
金持ち父さん貧乏父さん
ロバート キヨサキ シャロン・レクター(公認会計士)
筑摩書房
売り上げランキング: 1,843

この記事を書いた人

hiroety

hiroety

ブログ運営者のhiroetyと申します。
2015年4月にこのブログを開始開始しました。2017年5月3日をもって300記事を書くことができました。
2007年勝間和代さんの年収10倍アップ勉強法を読んで自分専用のパソコンを持つことを意識する。
2011年初めて自分専用のパソコンを購入。同じ年にアメブロを開始。
2014年MacBook Airを購入
2015年ものくろさんに出会いWordPressを開始。
同じ頃、日本メンタルヘルス協会にて心理学の勉強を開始。
2016年12月日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー資格を取得。
2017年3月MacBook Proを購入

税理士事務所パート勤務、ブログを書いていく中で自分自身の大切にしたいことが食を通じての心身ともに健康であることに気がつきました。

日商簿記2級
税理士試験財務諸表論合格
建設業経理士1級
ビジネス会計検定3級
FP3級
選択理論基礎プラクティカム終了
日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー