充実した時間を送るためにエリカさんの「時間の使い方」とパートナーシップについて

今日の読書はエリカさんの『ニューヨークの美しい人を作る「時間の使い方」』でした。
エリカさんはニューヨークを拠点にするファッションコンサルタントで大和書房から何冊も著書があります。

家族にも人気の本

読みやすく装幀もおしゃれで若い著者なので身近なためか買うたび私の書棚から消えて娘の部屋に行ってしまいます。

時間の使い方というタイトルでしたが生きるための生存競争の激しいニューヨークで暮らす筆者がどんな価値観なのか気になりながら読み進めました。

エリカさんの時間への考え方

明確に時間は自分の幸せのために使う。する必要のないことはすっぱりやめる。時間泥棒の人や物との付き合い方も書かれています。ミニマルにして管理するものを減らすさこと。

本当に充実した一日はタスクを多く片付けた急かされた一日でなく優先順位を決め必要なタスクを終えた上で一番大切なのは「自分を振り返る時間を持つこと」タスクをの終えられたかどうかを確認する際に今日の自分はどうだったかを確認すること。

大事なのは

新しいひらめきがあったかどうか、周囲の人に優しい心配りができたか自分の気持ちが充実しているかどうかが大切ということを振り返ることが大切と書いています。

最近忙しすぎるのか財布を忘れて家を出るし日傘を2度電車の中に置いたまま下車するしで気にはなっていました。

なんのために時間をかけて行くのか意識することが大切と感じます。今は子供達の夏休みでしかも今年は一人は受験ということで私自身が余裕を持っていることでうまく行くと感じました。

ゆとりを持って振り返ることができるようにという気づきがあってよかったです。

パートナーシップについて

エリカさんの考えが書かれていてハッとしました。

  • 結果を見るより気持ちに感謝する。
  • 毎日褒める。
  • あなたのためにしたのになどと犠牲にまつわる言葉を使わないこと。
  • 過去の出来事を持ち出さないこと。
  • 同じ趣味や目標を持つこと。

愛の火を消さないようにする努力がお互いに必要だと書かれています。

私の考え

  • 結果を見るより気持ちを感謝するというのは大人の対応だなと思います。お互いに良い関係を長く続けようと思うと結果だけを見て判断でなくその過程にどんな苦労や思いやりがあったのか想像して見るというのは不快な思います。
  • 毎日褒める、アレックス小倉さんの恋愛心理学ではとにかく男性が好きなのは褒め言葉だそうです。ちなみに今日はパートナーを褒めることができました。
  • あなたのために何々をしたというのは恩着せがましい上に「人のために為す」と書いて「偽り」と読むと聞きました。相手には好感を持ってもらえません。
  • 過去の出来事を持ち出さない。これもなかなか許す勇気がないと何かの時に蒸し返すことになりそうです。これも結果だけを見るのでなく相手がそうせざるを得なかった背景を
    知ることが自分のためでもあるかなと思います。これは私への課題です。

    同じ趣味や目標。家庭をより良いものにしようというのは何よりの共通の目標であると感じます。

    お読みくださりありがとうございました。

  • この記事を書いた人

    hiroety

    hiroety

    ブログ運営者のhiroetyと申します。
    2015年4月にこのブログを開始開始しました。2017年5月3日をもって300記事を書くことができました。
    2007年勝間和代さんの年収10倍アップ勉強法を読んで自分専用のパソコンを持つことを意識する。
    2011年初めて自分専用のパソコンを購入。同じ年にアメブロを開始。
    2014年MacBook Airを購入
    2015年ものくろさんに出会いWordPressを開始。
    同じ頃、日本メンタルヘルス協会にて心理学の勉強を開始。
    2016年12月日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー資格を取得。
    2017年3月MacBook Proを購入

    税理士事務所パート勤務、ブログを書いていく中で自分自身の大切にしたいことが食を通じての心身ともに健康であることに気がつきました。

    日商簿記2級
    税理士試験財務諸表論合格
    建設業経理士1級
    ビジネス会計検定3級
    FP3級
    選択理論基礎プラクティカム終了
    日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー