上野千鶴子著「在宅ひとり死のススメ」を読んで自分の老後をイメージしてみよう。

今日の読書、上野千鶴子著「在宅ひとり死のススメ」この本は数日前「徹子の部屋」に上野さんが出ていて在宅で一人で臨終を迎えることが可能になったということを話されていました。そこで取り寄せてみました。

やはり、この問題にはみな興味があるためか今年の1月に出版で5月10日に6刷になっています。

「おひとりさまの老後」シリーズ最新作で累計125万部突破とあります。
介護保険のことは2000年の4月から毎月徴収されているものだという認識だけでした。2004年くらいに実家のトイレとお風呂に手すりがついたりしたことから実際に使えるんだと実感しました。

わたしの両親も2005年から2010年の間に2人で利用しました。時が流れ自分も将来どんな風に年を取っていったらいいのかと考えるようになりました。社会学者でありますが、「おひとりさま」でもある上野先生の自分が亡くなるときがどんな風でどんなふうであってほしいかを書かれています。「在宅ひとり死」が希望だと書かれています。

2007年の「おひとりさまの老後」出版されましたが、その時点で、在宅で一人でなくなることのサポートはできないといわれたと書かれています。それから年後14年後在宅で最期をむかえることは「ご家族さえ了解があれば今ではできます。」とのこと。制度が導入されて20年を超えて現場もノウハウを積んでいくことができたと書かれています。単身者世帯が増えていて独居老人をみる世間の目にも変化があるといいます。また、老後は「おひとりさま」の幸福度が一番高いのだそうです。

実際の看取りにいくらかかるのかも書かれています。
実際にその場では計画どおりに行くものではないだろうけれど知っておくことは大切と感じます。

この本で医療と介護と看取りについて書かれています。あまりふだん人に聞いたりする話題でないからこそ自分で考えておくこと必要だと感じます。

この記事を書いた人

hiroety

ブログ運営者のhiroetyと申します。
2015年4月にこのブログを開始開始しました。2017年5月3日をもって300記事を書くことができました。
2007年勝間和代さんの年収10倍アップ勉強法を読んで自分専用のパソコンを持つことを意識する。
2011年初めて自分専用のパソコンを購入。同じ年にアメブロを開始。
2014年MacBook Airを購入
2015年ものくろさんに出会いWordPressを開始。
同じ頃、日本メンタルヘルス協会にて心理学の勉強を開始。
2016年12月日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー資格を取得。
2017年3月MacBook Proを購入

税理士事務所パート勤務、ブログを書いていく中で自分自身の大切にしたいことが食を通じての心身ともに健康であることに気がつきました。

日商簿記2級
税理士試験財務諸表論合格
建設業経理士1級
ビジネス会計検定3級
FP3級
選択理論基礎プラクティカム終了
日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー