「がんで余命ゼロと言われた私の死なない食事」を読んで始めた生活改善2日目の記録。甘いものを食べたくなりました。

「がんで余命ゼロと言われた私の死なない食事」を読んでのブログはこちらです。

2日目の食事は

  • 朝 味噌汁(豆腐、あげ、わかめ、ごぼう)納豆、ご飯
  • 昼 骨つきチキンのカレー、トマト、ヨーグルト(ブルーベリーを乗せて)
  • 夜 まぐろ山かけご飯、もずく酢、冷奴

2日目の振り返り

3時と遅くなったお昼ご飯でお腹が空きすぎ、猛烈に甘いものが欲しくなりました。ヨーグルトにドライフルーツのブルーベリーを乗せてなんとか乗り切りました。

今日の献立のヒント

  • チキンカレーはカルシュームや軟骨の成分が採れるかなと時々骨つきにします。
  • ブルーベリーは目を使いすぎるので取り入れています。
  • 山かけですが山芋は滋養強壮に良いとされています。すりおろす時、手が痒くはなりますが我慢です😊
  • 酢の物は酸性に傾いた体質をアルカリ性に改善してくれます。お酢には疲労回復の効果もあります。

今朝の体重

今朝の体重は昨日より200グラム減でした。昨日一昨日で1.1キロ減です。

糠床の記録

夜に糠床を作りました。

何日か前、アマゾンのセールで野田琺瑯のぬか漬け容器を購入していました。3.2L用の琺瑯容器です。

糠床の用意するもの。容器3.2L用を使用しています。

  • 糠1キロ
  • 塩130グラム
  • 水1リットル
  • 昆布8センチ
  • 鷹の爪1本

水1Lに塩を入れ沸騰させます。冷まして糠を入れなじませ昆布、鷹の爪を入れます。

最初につけ捨てと呼ばれる発酵を促進する作業を2、3回繰り返して本漬けと言われる食べられる漬物を作る糠床となるようです。写真の糠床にはつけ捨てのキャベツが入っています。

本漬けができるよう糠床を育つのが待ち遠しいです。

気づき

食事時間が遅くなると甘いものをドカンと食べたくなるのだと気がつきました。ドカンと食べるにしてもヨーグルトにドライフルーツをプラスなど工夫をする。手近なところにクッキーなど手を伸ばす危険のあるものを置かないこと。

甘いもの食べたくなった時のために

食べても安全なようにコーヒーゼリー昨晩作りました。黒糖を少し入れています。豆乳をかけて食べようと思います。

今日すること

今日は曇っていて日差しが強くないのでびわの葉のを集めに行こうと思います。

お読みくださりありがとうございます。

この記事を書いた人

hiroety

hiroety

ブログ運営者のhiroetyと申します。
2015年4月にこのブログを開始開始しました。2017年5月3日をもって300記事を書くことができました。
2007年勝間和代さんの年収10倍アップ勉強法を読んで自分専用のパソコンを持つことを意識する。
2011年初めて自分専用のパソコンを購入。同じ年にアメブロを開始。
2014年MacBook Airを購入
2015年ものくろさんに出会いWordPressを開始。
同じ頃、日本メンタルヘルス協会にて心理学の勉強を開始。
2016年12月日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー資格を取得。
2017年3月MacBook Proを購入

税理士事務所パート勤務、ブログを書いていく中で自分自身の大切にしたいことが食を通じての心身ともに健康であることに気がつきました。

日商簿記2級
税理士試験財務諸表論合格
建設業経理士1級
ビジネス会計検定3級
FP3級
選択理論基礎プラクティカム終了
日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー