美塾塾長、内田裕士さんのメッセージ受け取りました。

IMG_6661内田先生本

今週火曜日8月23日美塾を主宰されている内田裕士さんの講座を聴くことができました。出たばかりのご著書「毎朝、自分の顔が好きになる」にもサインをいただきました。

いただいたサイン

IMG_6662内田先生サイン

心理学の講座の外部講師として開催された講座で初めてお名前を聞きました。

講座でのお話

・たとえば「毛穴を気にすること」目がつりあがっていることなどの細かい自分で足りないと思っていることに注目しすぎであるということ。欠点をカバーすることに注目しないこと。

・毛穴本来の役割に感謝しようということ。フォトショップで簡単に毛穴なしに写真を加工することはできる。反対に毛穴を感じさせる写真に加工することはとても大変。血管を描いたりして作っていると聞き本来の魅力を大切にしたいと感じました。

メイクの様子

・メイクを実際にデモンストレーションしていましたが、最初に肌にやさしく触れて愛情を送っている姿が印象的でした。
・チークの塗り方があざやかでした
・モデルの人のナチュラルな元気さを大切にしたメイクでした。

美しさは社会貢献

自己表現0自分らしさ0では自分勝手インターネット、SNSでお互いが発信者であり受信者。周りを幸せにするための美しい存在になること。

その顔でうまれてこなければ果たせない使命

女性の魅力を4つのマトリックスにわける

魅力に分けて、その特徴、取説、ファッション、メイクそのルックスゆえの性格の傾向も興味深いとかんじました。
詳細に書くとネタばらしになってしまうので書店で覗いてみたり、買ったりしてください。人間観察としてとてもおもしろいです。

美しさは社会貢献、その顔でうまれてこなければ果たせない使命、ということばは特に心に残りました。

魅力を探す習慣の大切さ

魅力を探す習慣の大切さと足りないところを探す習慣では1年2年たつと人生が違ってきてしまう。

ご著書にサインとともにその場でメッセージを書いてくださったのは驚きましたが、こうして考えてみると、常に魅力を探すことを習慣にしている仕事柄とても当たり前のことだったんだと気が付きました。

メッセージ

・家族や親友など大切な人に勧められるものを提供できるように努力すること。

・講演を聞いてご著書を読んでレポートを書いて2日おいて内田先生の発信で一番心に残ったのがこの本のP264です。「なにもせず、ただ世界を愛そう」です。

3か月後にこのページを読み返して違いを感じてみようと書かれていますが、この言葉を聞いてとても響きました。
いろいろ理解できない人のことや、許せない人がいたとしても「なにもせず、ただ世界を愛そう」と考えるととても自分自身すくわれ癒され、愛する気持ちがわいてくるのです。

とても印象に残りました。

読んでくださりありがとうございます。

この記事を書いた人

hiroety

hiroety

ブログ運営者のhiroetyと申します。
2015年4月にこのブログを開始開始しました。2017年5月3日をもって300記事を書くことができました。
2007年勝間和代さんの年収10倍アップ勉強法を読んで自分専用のパソコンを持つことを意識する。
2011年初めて自分専用のパソコンを購入。同じ年にアメブロを開始。
2014年MacBook Airを購入
2015年ものくろさんに出会いWordPressを開始。
同じ頃、日本メンタルヘルス協会にて心理学の勉強を開始。
2016年12月日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー資格を取得。
2017年3月MacBook Proを購入

税理士事務所パート勤務、ブログを書いていく中で自分自身の大切にしたいことが食を通じての心身ともに健康であることに気がつきました。

日商簿記2級
税理士試験財務諸表論合格
建設業経理士1級
ビジネス会計検定3級
FP3級
選択理論基礎プラクティカム終了
日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー