フラワーセラピーってなあに。黄色いミニバラが知らせてくれたこと。

黄色いバラ

先週火曜日「フラワーセラピー」を初めて経験しました。世の中には「名言セラピー」「カラーセラピー」「アニマルセラピー」などとかいろんなものがありますが「カラーセラピー」を経験しているくらいで、何の予備知識もなく花を一輪持ってくるという指定だけでの体験でした。
講師はフラワーセラピストの松井道子さんでした。

何の先入観もなく取り組んでみて

松井先生はフラワーセラピーを始める最初に砂場で子どもが砂山を作るときいろんな雑念をもたずに始めるということを話されて、じっと花をみつめて花からのエネルギーやはなからのメッセージを感じ取ってみてくださいと指示がありました。

花を観察してみたところ

黄色いミニバラの花束を持って行き、一輪を見つめていたのですが、花から黄金のエネルギーを感じればいいのかなとちょっと思ったりしていましたが、「茎や葉っぱも見てください」と先生の声が聞こえました。

バラの花を上から見たら小さながくが少しだけ覗いていました。両腕を広げて花を支えていました。
よく見ると花を支えているがくが花を支えていないで役割を終えて広げていたであろう両手を下しているものもありました。

繊細な花びらを巻きつけたつぼみが3つ、咲くのを待っていました。

花からの受け取ったメッセージ

花を支えているがくは私で役割を終えつつある。すこし支えているものもあるが、もう形だけになっている。
わたしだけのことを考える時期にきているよという声が聞こえました。
これは花に投影した私の心の声だと思います。

繊細なつぼみたちは、家族の心の中にあるそれぞれのつぼみで、どんなふうに咲くのかそれぞれの心の中で咲く時を待っているのだなと思いました。乱暴に扱ったりせず見守るだけでいい。

そこには「こんな風に咲いていて欲しい」「咲くべきだ」「こんな風に咲いて当たり前」「咲く役割を期待する」というのは違うということです。

一か月花と語る生活をしてみてください

花を感じて詩を書いてみたりの習慣で何かがかわりますよというお話がありました。531花

今朝のフラワーセラピーですが、けいとうのような美しい花はなんという花なのかわかりませんが5、6センチほどの高さでしたがまるで切りそろえられたかのような美しい形をしていました。
土の汚れが付いていても懸命に土に広がっている葉にエールを送りました。

この記事を書いた人

hiroety

hiroety

ブログ運営者のhiroetyと申します。
2015年4月にこのブログを開始開始しました。2017年5月3日をもって300記事を書くことができました。
2007年勝間和代さんの年収10倍アップ勉強法を読んで自分専用のパソコンを持つことを意識する。
2011年初めて自分専用のパソコンを購入。同じ年にアメブロを開始。
2014年MacBook Airを購入
2015年ものくろさんに出会いWordPressを開始。
同じ頃、日本メンタルヘルス協会にて心理学の勉強を開始。
2016年12月日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー資格を取得。
2017年3月MacBook Proを購入

税理士事務所パート勤務、ブログを書いていく中で自分自身の大切にしたいことが食を通じての心身ともに健康であることに気がつきました。

日商簿記2級
税理士試験財務諸表論合格
建設業経理士1級
ビジネス会計検定3級
FP3級
選択理論基礎プラクティカム終了
日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー