日野原重明先生にサインを頂いた時に感じたこと。会いたい人に会いに行く。

今月18日日野原重明先生がお亡くなりになりました。

日野原重明先生は105歳で現役の医師であるだけでなくエッセイストでもあり著作も多数。子供達に「命の授業」を多数行ったり、生活習慣病の概念を確立されたり看護学での功績など多方面での成果は広く知られるところです。

しかし、朝日新聞の日曜のコラムを読んでも対談でのテレビを見ても知ることができないのは実際にあっての感じること。2013年11月30日滋賀県の彦根のホテルで新老人の会滋賀支部フォーラムがあり勝間塾での友人に連れて行ってもらいました。

その時の講演のタイトルは「自分をどう耕しどう生きがいを持って生きるか」でした。
講演を聞いてそのあとロビーで購入した本にサインをいただきに並びました。

自分の番が近づいてくるに連れ先生のサインをする様子が手に取るように見え先生の気迫に満ちた様子が見えました。隣のお手伝いの女性が手渡してくれる本を渡されるのももどかしくサインをされていました。

地元の新老人の会の人のコーラスでの指揮の力強さに驚きました。

そして何より100歳を超えてなお各地に思いを伝えに行くという奉仕の精神の気持ちが伝わりました。

会いたい人には会いに行く。とても大切なことと思います。

お読みくださりありがとうございました。

この記事を書いた人

hiroety

hiroety

ブログ運営者のhiroetyと申します。
2015年4月にこのブログを開始開始しました。2017年5月3日をもって300記事を書くことができました。
2007年勝間和代さんの年収10倍アップ勉強法を読んで自分専用のパソコンを持つことを意識する。
2011年初めて自分専用のパソコンを購入。同じ年にアメブロを開始。
2014年MacBook Airを購入
2015年ものくろさんに出会いWordPressを開始。
同じ頃、日本メンタルヘルス協会にて心理学の勉強を開始。
2016年12月日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー資格を取得。
2017年3月MacBook Proを購入

税理士事務所パート勤務、ブログを書いていく中で自分自身の大切にしたいことが食を通じての心身ともに健康であることに気がつきました。

日商簿記2級
税理士試験財務諸表論合格
建設業経理士1級
ビジネス会計検定3級
FP3級
選択理論基礎プラクティカム終了
日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー