父性的な関わり、父性愛について感じたことを書きます。

今日電車の帰りの中で素敵な父子を見ました。

電車に乗る前カウンセラー関係の集まりで知り合った人と母性カウンセリングと父性カウンセリングの話をしていたせいか目にとまりました。

母性カウンセリング、父性カウンセリングとは

母性カウンセリングとは悩みを訴えている人の話を全て受容して傾聴していくもので、父性カウンセリングは受容するもののそこから一歩踏み込んで成長するようにアドバイスをも伝えるカウンセリングです。

32、33の若い父親でスーツケースを地下鉄の車両の隅っこに3つのスーツケースを並べて2人の男の子を連れて帰宅途中でした。上の5歳くらいの子はスーツケースにもたれかかって今にも眠そう。下の3歳くらいの子はスーツケースの上に乗ってたち電車のつり革にぶら下がって見たいと言い出しお父さんが下で支えたりしています。片手で上の子が眠ってしまわないように時々次の駅は何とかクイズを出したりしています。

母性愛と父性愛の違い

お母さん一人では体力的にこうはいかないし第一危ないし迷惑になるからと大きくなるまで待ちなさいというかもしれません。
スーツケースに立ってつり革を持って見たいというのを叶えるのは難しいでしょう。
多少危ないかもしれないけれどきちんとサポートして達成感を味わう経験をさせるそんな父性愛を感じました。周囲の人に配慮しつつ、子どもたちを可愛いようで微笑ましい様子がとても伝わりました。

こうして父性的な関わりを学んでいくのかなと感じました。

最後までお読みくださりありがとうございます。

この記事を書いた人

hiroety

hiroety

ブログ運営者のhiroetyと申します。
2015年4月にこのブログを開始開始しました。2017年5月3日をもって300記事を書くことができました。
2007年勝間和代さんの年収10倍アップ勉強法を読んで自分専用のパソコンを持つことを意識する。
2011年初めて自分専用のパソコンを購入。同じ年にアメブロを開始。
2014年MacBook Airを購入
2015年ものくろさんに出会いWordPressを開始。
同じ頃、日本メンタルヘルス協会にて心理学の勉強を開始。
2016年12月日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー資格を取得。
2017年3月MacBook Proを購入

税理士事務所パート勤務、ブログを書いていく中で自分自身の大切にしたいことが食を通じての心身ともに健康であることに気がつきました。

日商簿記2級
税理士試験財務諸表論合格
建設業経理士1級
ビジネス会計検定3級
FP3級
選択理論基礎プラクティカム終了
日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー