「傾聴セミナー」参加してきました。相手との距離、聴き方学んできました。その4

カウンセラーのhiroetyです。先週火曜日28日「傾聴セミナー」の4回め参加してきました。

傾聴セミナーとは

市のゆいぴあという施設で活躍する「傾聴さん」というボランティアを養成する講座です。ゆいぴあに子どもをあそばせにつれてきている母親に寄り添って、悩みがあれば吐き出してもらおうというわけです。ピンクのエブロンがトレードマークです。

傾聴セミナーを受けているわけ

カウンセリングをする際の参考になることがあるはず、若い母親たちの話しを聞く機会をえたいと、このセミナーを受けています。「傾聴さん」になって若いお母さんの話しを聞くのはなかなかふだんないからです。

最初のワークは

子育て経験のある人は子育てで嬉しかったこと、嫌だったことを思い出してグループで公開する。子育て経験のない人は見聞きして嬉しかったこと、悲しかったことを同じように話し合う。6人ずつのグループの代表の人に発表してもらいました。
それぞれの30名ほどのお話はそれぞれで忘れていた昔の記憶がよみがえりました。

2つめのワーク

現役傾聴さんによるお母さんと傾聴さんの寸劇4パターン。離乳食を食べない悩みと、ゆいぴあに来て帰る時間になったものの帰宅をしぶりダダコネをする子に手こずるお母さん。というものでした。

4パターンをみてそれぞれ感じたことをグループで話し合い代表が発表するというワークでした。

2つめのワークで気がついたこと

ダダコネをする子どもを納得させて静かに機嫌良く帰るように「傾聴さん」が導いたとした時、一人の人が母親がショックを受ける、立場がないのではないかということを指摘していました。他のグループでも同じ意見が聞かれました。解決だけをすればいいというものではないということがわかりました。

また、離乳食の問題について専門のスタッフがいるのですが、相談者の母親の人に時間が今日あるかどうかをたずねたうえで、専門スタッフに相談されますかと確認をきちっととることとが評価されていて、細やかな心遣いが必要とされることを実感して2時間のセミナーを終了しました。

きづき

育児はスタッフでなく保護者(お父さん、お母さん)が主役、「傾聴さん」は黒子でいることをこころがけること。
お読みくださりありがとうございます。

この記事を書いた人

hiroety

hiroety

ブログ運営者のhiroetyと申します。
2015年4月にこのブログを開始開始しました。2017年5月3日をもって300記事を書くことができました。
2007年勝間和代さんの年収10倍アップ勉強法を読んで自分専用のパソコンを持つことを意識する。
2011年初めて自分専用のパソコンを購入。同じ年にアメブロを開始。
2014年MacBook Airを購入
2015年ものくろさんに出会いWordPressを開始。
同じ頃、日本メンタルヘルス協会にて心理学の勉強を開始。
2016年12月日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー資格を取得。
2017年3月MacBook Proを購入

税理士事務所パート勤務、ブログを書いていく中で自分自身の大切にしたいことが食を通じての心身ともに健康であることに気がつきました。

日商簿記2級
税理士試験財務諸表論合格
建設業経理士1級
ビジネス会計検定3級
FP3級
選択理論基礎プラクティカム終了
日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー