ゲシュタルト療法と陽転思考

ゲシュタルト療法

最近学んでいる心理学でゲシュタルト療法で上記の左右のドーナツどちらが気になるでしょうか?の問があってかけた方のドーナツを選ぶ人が大多数ということでした。
ゲシュタルト療法

なぜでしょうか?
人は完全なモノを求めかけているところが気になって仕方ない。あるものよりないものに注目して、不満を持ちなんとかしたい、なんとかならないだろうか?そもそも欠けていることがおかしいなどと気持ちが乱れてくるのです。

このドーナツが10%の部分がかけているとして10%に注目しないで90%に注目しましょうという講義の内容でした。
上記のリンクの内容とは直接同じでありませんが導入部分の内容ですので。

90%も与えてくれてあるのだからそちらに注目して安定した気持ちでいましょうということです。

これって和田裕美さんの陽転思考と同じであることに気がつきました。
「事実は一つだけれど考え方は2つ」どんな状況でも「よかった」を探して行きましょう。というものです。

一日ひとつ三ヶ月続けましょう。とあります。

意識しなくてもよかったは山ほどあります。

人間は長い目で見て最悪という状況が次の幸せへのステップだったり、チャンスを待って準備をしていましょうということだと感じました。

この記事を書いた人

hiroety

hiroety

ブログ運営者のhiroetyと申します。
2015年4月にこのブログを開始開始しました。2017年5月3日をもって300記事を書くことができました。
2007年勝間和代さんの年収10倍アップ勉強法を読んで自分専用のパソコンを持つことを意識する。
2011年初めて自分専用のパソコンを購入。同じ年にアメブロを開始。
2014年MacBook Airを購入
2015年ものくろさんに出会いWordPressを開始。
同じ頃、日本メンタルヘルス協会にて心理学の勉強を開始。
2016年12月日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー資格を取得。
2017年3月MacBook Proを購入

税理士事務所パート勤務、ブログを書いていく中で自分自身の大切にしたいことが食を通じての心身ともに健康であることに気がつきました。

日商簿記2級
税理士試験財務諸表論合格
建設業経理士1級
ビジネス会計検定3級
FP3級
選択理論基礎プラクティカム終了
日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー