放送大学認定心理士試験の途中感じたこと。試験で大切なことって。

朝これを投稿するのもちょっと考えましたが、試験を受けるとき大事なことって、トイレをきちんとすませるということです。それと食事。

トイレについて

自宅で済ませて会場まで時間が掛かる場合、冬の冷えでまた行きたくなる場合などがあってテストに落ち着いて臨めるように済ませておくことです。

女性のトイレは混むので最寄りの駅で済ませることができるのであればそうします。

娘のAO入試に付き添ったときも乗り換えの時間の余裕をみて彼女にトイレを勧めました。

トイレを出てきたときに安心の表情が浮かんだのを覚えています。こうしたときに便秘にならないように普段からの生活も力になるのだと思います。

私も今回最寄り駅で済ませることができて、これ大事だなとブログに書きました。

食事について

後日談ですが1年ほどしてAO入試の日に私が作ったお弁当の中身覚えてくれていました。私は忘れていたのに。

食事に関しては普段食べなれたものをさっと食べられると気持ちの余裕になります。
学食に行って並んだり清算したり、食べた後の片づけなどすべてショートカットできるので勉強に専念できました。

勉強と一緒で普段からの基礎が大切なのだと感じます。

この記事を書いた人

hiroety

hiroety

ブログ運営者のhiroetyと申します。
2015年4月にこのブログを開始開始しました。2017年5月3日をもって300記事を書くことができました。
2007年勝間和代さんの年収10倍アップ勉強法を読んで自分専用のパソコンを持つことを意識する。
2011年初めて自分専用のパソコンを購入。同じ年にアメブロを開始。
2014年MacBook Airを購入
2015年ものくろさんに出会いWordPressを開始。
同じ頃、日本メンタルヘルス協会にて心理学の勉強を開始。
2016年12月日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー資格を取得。
2017年3月MacBook Proを購入

税理士事務所パート勤務、ブログを書いていく中で自分自身の大切にしたいことが食を通じての心身ともに健康であることに気がつきました。

日商簿記2級
税理士試験財務諸表論合格
建設業経理士1級
ビジネス会計検定3級
FP3級
選択理論基礎プラクティカム終了
日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー