Money Forwardのメールアドレス認証で困った件。無事解決しましたが、ご紹介します。

パスワードなしでログインをする習慣が定着していたのでパスワードが必要となったとき困りました。

最近、いつの頃からかEvernoteやfacebookのログインがGoogleアカウントでできたり、他のデバイスでのログインなどをスマホでの認証でできたりしてパスワードをじかに打ち込むと言う動作をしなくて良くなりました。それはそれでいちいち手元にパスワードを書いた手帳をおいておかなくてもサクサクと作業が進んでとても良かったのです。輪をかけて便利だったのがiPhone Xの顔認証です。
楽天カードのアプリなんかにも顔認証でパスワードの面倒くささがカットされて、良かったのです。

しかしMoney Forwardのアカウントを作ってしばらくするとメールアドレス認証というものが請求されるようになりました。2015年に作ったメールアドレスをアカウント用に使ったのですが、Googleやfacebookアカウント、もはや何でログインしたのかも不明でパスワードがわかりません。ログインされているのでパスワード変更もできなくて困りました。

登録メールアドレスを変更していただいて解決

Money Forwardのヘルプデスクに問い合わせたところ9月にメールアドレス認証が必要になるので、(Money Forwardさんとしては早急に解決したい)どんな風な画面になっていますかという問い合わせがありました。すでに自宅で何度か試したけれど無理だったので違う解決をしたくてちょっと考えました。お試し期間なのでMoney Forwardを一旦解約して、新規登録をやり直そうかと思いました。それではいろんなデータの再登録をする必要が出てきてしまいます。

そこで必ずログインパスワードでしかログインをしないMoney Forward専用のメールアドレスを作りました。その上でそのメールアドレスに変更の手続きをしていただけないかとお願いをしてみました。先週末お願いして、今週初め、「今回だけの対応です」という条件で新しいメールアドレスに変更をしていただき仮パスワードをもらいました。バスワードを変更して無事に解決しました。

Money Forwardの画面からパスワード認証のコメントが消えてホッとするとともに、こうしたログインの簡略化というかパスワードなしでログインすることにも落とし穴があるのだと知りました。Money Forwardさんにご迷惑をかけてしまいました。やはりこれまでのようにアナログですがパスワードをこまめに控えておこうと思います。

この記事を書いた人

hiroety

hiroety

ブログ運営者のhiroetyと申します。
2015年4月にこのブログを開始開始しました。2017年5月3日をもって300記事を書くことができました。
2007年勝間和代さんの年収10倍アップ勉強法を読んで自分専用のパソコンを持つことを意識する。
2011年初めて自分専用のパソコンを購入。同じ年にアメブロを開始。
2014年MacBook Airを購入
2015年ものくろさんに出会いWordPressを開始。
同じ頃、日本メンタルヘルス協会にて心理学の勉強を開始。
2016年12月日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー資格を取得。
2017年3月MacBook Proを購入

税理士事務所パート勤務、ブログを書いていく中で自分自身の大切にしたいことが食を通じての心身ともに健康であることに気がつきました。

日商簿記2級
税理士試験財務諸表論合格
建設業経理士1級
ビジネス会計検定3級
FP3級
選択理論基礎プラクティカム終了
日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー