ダイエット。この本を読んで行動を変えて見ます。リブレで血糖値の管理もして見ます。

牧田善二さんの医者が教える食事術 最強の教科書――20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68 を読んでの気づきをメモします。牧田さん痩せる糖質オフの作りおきという本も出されています。

メモしたところ

  • 毎日口に入れる糖質量を制限する。
  • うどん1玉は角砂糖13個分
  • ご飯やパン麺類芋類を減らす
  • ケーキスナックせんべいなども糖質の塊と考える。
  • 夕食の糖質をできるだけカット。
  • 1日の糖質摂取量を110グラム以下に抑える
  • 悪性度
    ナンバー1 缶コーヒーや清涼飲料水、ジュース
    ナンバー2 砂糖の入ったお菓子
    ナンバー3 果物
    ナンバー4 白米、白いパン、うどん
    ナンバー 5 玄米や全粒粉パン芋類
  • 血糖値が70から140の間にある時に体重が減っていく。
  • リブレでの血糖値の観察の紹介
  • 減量するためには1日60グラムの糖分に抑える
  • 食事のバランスは朝、昼、夜の割合3対5対2
  • グラスフェットバターというバターがオススメ
  • 寝る4時間前までに食事を終える
  • 夜は根菜類もやめる
  • 寝る前にハーブティーを飲むAgeを抑えてくれるので。
  • AGSは老化の原因となる。AGSを多く含む物を避ける
  • マリネにするとageを下げてくれる
  • 高血糖AGEの多い食べ物と紫外線、タバコがAGEを体に溜め込む
  • エキストラバージンオイルオリーブオイル食後血糖値を50ミリグラム以上下げてくれるので大さじ1、2杯を目安にとる。
  • イタリア南部アッチャロリ100歳を超える住民が多く高齢者の毛細血管は若く20代の若者と同等。新鮮な野菜や魚をオリーブオイルと共に食べる習慣がある
  • 100歳を超える人が多い地域
    イタリアサルディニア島中部  日本の沖縄北部
    アメリカのカリフォルニア州ロマリンダコスタリカのニコジャ半島

    リブレ体験

    今回この本を読んだタイミングでリブレという血糖値を二週間継続して測ることができる装置をお借りできる機会をえて血糖値のこと見て見ます。

    AGEとはこちらを読んでください。

この記事を書いた人

hiroety

hiroety

ブログ運営者のhiroetyと申します。
2015年4月にこのブログを開始開始しました。2017年5月3日をもって300記事を書くことができました。
2007年勝間和代さんの年収10倍アップ勉強法を読んで自分専用のパソコンを持つことを意識する。
2011年初めて自分専用のパソコンを購入。同じ年にアメブロを開始。
2014年MacBook Airを購入
2015年ものくろさんに出会いWordPressを開始。
同じ頃、日本メンタルヘルス協会にて心理学の勉強を開始。
2016年12月日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー資格を取得。
2017年3月MacBook Proを購入

税理士事務所パート勤務、ブログを書いていく中で自分自身の大切にしたいことが食を通じての心身ともに健康であることに気がつきました。

日商簿記2級
税理士試験財務諸表論合格
建設業経理士1級
ビジネス会計検定3級
FP3級
選択理論基礎プラクティカム終了
日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー