IPhoneの画面が割れての修理。家族が自分で修理をした話を書きます。

家族が自分のiPhoneの画面割ってしまい修理するまでのことを記録に残します。

    一昨日までどうしようか具体的に考えていませんでした。
    選択肢として

  • 近くにある「りんごや」という修理のお店に持ち込む。
  • 契約しているauに持ち込む。
  • そのままにする。の3択でした。

何気なくどうしようという話になり、自分で修理する人がいるということを聞きました。
こういうものがあるよと修理キットを紹介してもらいました。

作業開始とトラブル

5月3日届いたキットを使ってフロントパネルの交換を始めましたが、すぐにドライバーが1本壊れてしまいました。
やむなく工具のみをアマゾンに注文してその日は終わりました。

1日目の作業開始の時の写真。

iPhoneの中もこんなにシンプル。

ビスをこのように整理して取り掛かっていました。

作業再開

5月4日工具セットが届き作業再開。上の写真にあるように14番のビスがはずれないでえんえん3時以上かかっていました。ビスの小ささにも感動です。

作業の工程は届いたキットに付属している説明書でなくYouTubeで見ながらの作業でした。ビスを外してパネルを交換してからの作業は解体作業に比べかなりスムーズでした。

IPhoneのカメラやスピーカーの小ささに驚きました。

修理を依頼するといくらかかるのかわかりませんが約3,500円ほどのフロントパネルプラス工具での修理が終わりました。

ゴールデンウィークでじっくり時間をかけられたのがよかったと思います。

お読みくださりありがとうございます。

この記事を書いた人

hiroety

hiroety

ブログ運営者のhiroetyと申します。
2015年4月にこのブログを開始開始しました。2017年5月3日をもって300記事を書くことができました。
2007年勝間和代さんの年収10倍アップ勉強法を読んで自分専用のパソコンを持つことを意識する。
2011年初めて自分専用のパソコンを購入。同じ年にアメブロを開始。
2014年MacBook Airを購入
2015年ものくろさんに出会いWordPressを開始。
同じ頃、日本メンタルヘルス協会にて心理学の勉強を開始。
2016年12月日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー資格を取得。
2017年3月MacBook Proを購入

税理士事務所パート勤務、ブログを書いていく中で自分自身の大切にしたいことが食を通じての心身ともに健康であることに気がつきました。

日商簿記2級
税理士試験財務諸表論合格
建設業経理士1級
ビジネス会計検定3級
FP3級
選択理論基礎プラクティカム終了
日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー